マッチングアプリの初デートで初エッチ

マッチングアプリの初デートで初エッチ

いきなりラブホはありなのか?

ここ数年でかつての出会い系という名前からマッチングアプリやマッチングサイトと呼び方が変わり、男女の出会い方、心構えも少しづつ変化してきています。気軽に出会うキッカケを作ってくれる代わりに、昔ほどいきなりエッチに持ち込む可能性が低くなっているのも事実かもしれません。「そんなつもりないんだけど」これは若い女性の本音として増長してる感もあります。ただそうはいっても男女が最終的にすることはセックスという普遍的なポイントは変わりようがないので、セックスに持ち込むまでのプロセスの考え方、実際に会う前の段取りなどをしっかり踏んでいけば、いきなりラブホというパターンは今でも普通に行われていることだとは思います。アプリ内でのやりとりで、ただ単に暇つぶしのやりとりを求めているのか、恋人を探しているのか、お金をくれる人をさがしているのか、その辺の見極めをしながら、可能であれば合う前に通話で直接話をして感触をつかんでおくことも大事なポイントかもしれません。会話の苦手なコミュ障の人たちもかなり出没するのがマッチングアプリの特徴ではあるので、あくまで直接会うまではメッセージのやりとりのみというのも珍しくはないのですが、その場合で軽く下ネタのジャブを打っておくことは必要だと思います。ヤリモクお断り、これは女性側の常套文句ですが、ヤリモクじゃない男はいないのでこれは全く気にせずに進んでいって問題ありません。性的なアプローチをしつつもそれ以外の共通点を探っていく、ここが相手の心を開かせていくポイントだと思います。まずはお金の絡まない、正攻法で出会いを求めていく方法から見ていきたいと思います。

ハッピーメールの登録方法は超カンタン!

正攻法でいく場合

相手の目的は何のかを見極める。女性の性欲について誤解している人も多いので書いておくと、女性でもヤリモクでマッチングアプリを使っている人は多いということ。ムラムラするのは何も男だけではないのです。ただ全面的に自分の性欲をアピールしても引かれることは明白なので、「やりたいです」など書きこむ女性はまずいないわけですが、男性側も変に気を使って段階を踏んでからホテルに誘うのが効果的、こう勘違いしている人も少なくないのではないでしょうか。手っ取り早くエッチの相手が見つかるという目的でマッチングアプリを使う女性は結構います。今流行りの相席居酒屋なども肉食女子が利用することで認知度を上げています。そういったエッチOKのサインをどう見極めていくかは、会う前の段階でのやりとり、ここである程度の感触を得ていないと難しいかもしれません。まずは自分の写真、ルックス的に許容範囲か、これは男性側もある程度どんな感じの人が来るのかは事前に知っておきたいので写真の交換は可能であればしていた方が良いと思います。そして軽く下ネタのジャブを打ちながら相手の反応を見る。乗ってこない相手は切り捨てずに、時間をかけて落とすリストの方に回すというか、それはそれでキープしつつまた別のアプローチで攻めていけばいいだけなので、なにも乗ってこないからすぐに切り離すのはもったいないです。性的なことに興味がマックスになる女子高生あたりが意外に下ネタにくいついてきやすいのですが、18以下は犯罪になってしまうので、女子大生もしくは少し年齢がとんで30代の女性などは比較的ターゲットになりやすいかもしれません。会う前に電話で話せるのであればそこで相性は多少わかるかと思います。まったく電話で盛り上がらない相手と直接会っても気まずくなるだけなので、ふるいにかける意味でも事前に話せるチャンスがあればそうしたいものです。
軽くお酒も含めた食事の後、カラオケ、その密室内でのボディタッチやキスなど、ここの相手の出方でその日にホテルまでいけるかどうかの見極めが可能だと思います。向こうからするとこちらがNGの場合はカラオケでの距離の詰め方の段階でNOが出ることは間違いありません。完全に無理な場合は食事のみで向こうから用事ができたなどの理由でお開きにもなると思います。出会いはとにかく数を打つこと、無理においかけてもこちらに得することはないので、次に進む、出会い系のメリット、ターゲットは無数にいるというところを忘れてはいけません。

ワクワクメールのミドルエイジ枠がアツイ!

業者と会う時の注意点

普通に会う女性の場合でも、食事代などは男性が払うのが当たり前です。マッチングアプリで会った女性に割り勘でお金を払わせるなどというクズな行動は慎みましょう。相手が素人で割り切りなどの募集などでもなかった場合でも、タクシー代としていくらか渡すのも大人の男としてはスマートなマナーかもしれません。
難しいのはプロが相手の場合です。それがパパ活なのか、シンプルな割り切りなのか、バックに組織があっての売春なのか、なかなか判断が難しい点です。服装や肌質というか匂いというか、風俗系の匂いというのは男は割と本能的に感知しやすいかと思います。男の中にはまどろっこしい駆け引きがめんどくさいのでプロの女の子にササっと抜いてもらうのがいいという人もいます。そういったプロ専門の輩にとってはなにも難しいことはなく、初めから大人の出会い希望と書きこんでいる女性に絞っていけばいいだけなので簡単です。問題が出てくるとすれば美人局など、チンピラ系というか半グレ系というか中途半端に金を巻き上げようとする輩にひっかかってしまった場合です。怖いお兄さんが出てきた、漫画みたいな話ですが毎日どこかで気の弱いサラリーマンが被害に会っているのも事実です。そういう時の対処法としては話を聞くふりをしてとにかく逃げるチャンスを伺うこと。人目をはばからず走って逃げる、大声を出して助けを求める、窮地に立った時に人間の頭からポンと抜けてしまうのがこの「逃げる」という行為です。どうしてもその相手とマジメに面と向かって解決する方向に脳が向いてしまいます。昔から武術の達人はまず逃げること、これが一番優先される危機回避法になっています。どうしても逃げ切れない袋小路にはまったところではじめて戦うのが武道の本質だったりします。そして何より最強の警察が日本にはいるわけなので110番をする、これにつきます。割り切りなどの場合でも事前にメールなどでそれが最初から売春であった証拠は残さないのが必須です。もしお金のやりとりがある場合でも口頭で、女の子を買ったということにはとにかく否定をつらぬく、まず警察が絡んでくるとわかった時点んで相手も逃げていきます。パパ活などでもそうですが、お金の具体的な話はメールなどの証拠として残ってしまうやりとりでは避けたほうが無難だと思います。プロに慣れていない人は、ある程度事前のメールでのやり取りを継続してくれる素人(だろうと思われる人)と前述したような段階をふんでの初デート、これが一番トラブルをさける方法だと思います。半グレ系はまどろっこしいやり方は避ける傾向にあります。すぐ会ってすぐだませる奴を次から次に狙っていくやり方です。何日もかけてメッセージのやりとりなど最初からしてきません。ただデート商法的な詐欺グループは何日もかけるやりとりにつきあってきます。これには要注意ですが、オラオラな感じと違い逃げるのが簡単です。初めて会ってカフェで話してると急にビジネスの話をはじめ、知りあいの先輩読んで話聞いてもらってもいいですかなどと高額な案件の契約をさせたりするグループもあったりします。ほんとに詐欺グループとうのはあの手この手でその努力を違う方向に向ければと思うわけですが、出会い系の中で楽しむツケとして一般人の我々にもある程度の防御策は必要なことだとは思います。

マッチングアプリで会うまでの流れ~ハッピーメール編~

タイトルとURLをコピーしました