ワクワクメールの足跡が消せるのか気になる

ワクワクメールの足跡が消せるのか気になる

そもそも足跡は気にする必要がある?

ワクワクメールの特徴として、メール受信、プロフィールの閲覧、スマイル/伝言板の利用、募集の書き込み、日記/つぶやき、これらが無料、つまり0ポイントでも使えるという強みがあります。足跡は男性側でも女性側でも、出会いの幅を広げるためには残しておいた方がよい機能です。足跡が残っていたおかげで、思わぬところからメッセージがくる可能性を秘めています。ただ人によっては足跡を残したくない、結構色んな人と絡んでいて一度会った人に足跡を残したくない、そんな事情も使っていくうちに出てくるかもしれません。
足跡の消し方としては、おおざっぱな設定にはなってしまいますが、以下のような設定がワクワクメールではできるようになっています。
まずは画面上部のメニューのところから、「足あと」をクリック→その後左下の「足あと設定」をクリックすると設定画面に移動できます。足あと設定はざっくりと「残す」か「残さない」か、この設定のみです。特定の人に残さないといった設定はできません。そして、相手が男だろうが女だろうが足あとが残ってしまうのがワクワクメールなので、ここで同性の足あとを表示しないように設定することができます。知らないオッサンの足あとが男である自分についていたら気持ちのいいものではないので、ここで「表示しない」にしておけば気にせずに済みます。ポイントは設定を変えたあと、真ん中の「設定する」のところをクリックすること、これをしないと設定が保存されないので気をつけてください。

出会い系内の足あとは実際そこまで気にしなくてOK!

特定の人に足あとをつけたくない場合

前述したとおり、足あとの設定ではざっくりとしたものしかできません。ワクワクメール内でやりとりをしている内にどうしてもウザい相手というのは出てくるかと思います。この人に足あとを間違ってつけちゃうと勘違いされるかも、そんな状況がくることもあるかもしれません。そんな時はシンプルにブロック、これで過去の足あとも消えますし、相手が自分のプロフなど見ることはできなくなります。
やり方としては相手のプロフページからブロックリストに登録することで可能です。その時に一時的に相手のプロフを見たという足あとはつきますが、ブロックすることで消えるので問題はありません。注意する点としては、ブロックしたことは相手があなたにコンタクトをとろうとした時にわかってしまうことです。「○○さんとやりとりすることはできません」、こういう表示が相手方に出るのでブロックされたことがバレてしまいます。ワクワクメール内では日常茶飯事なので、常にドライでいいと思います。日常のツイッターやラインなどとは特殊な環境でのやりとりなのでそこまでブロックに気をつかわず、うっとうしい奴はどんどんブロックリストに入れてしまって問題ないと思います。軽いブロックではないですが、「見ちゃイヤ☆リスト」という機能があるので、特定の募集を書きこんでそれを見られたくない場合は使うこともできるので、頻繁に書きこみ等する人は使ってもいい機能ではないでしょうか。

ワクワクメールのミドルエイジ枠がアツイ!

まずは自分のプロフを充実するのが秘訣

足あとを残さない設定にするのは、こういったマッチングアプリでははっきり言って愚策です。いろんな人に見てもらってナンボなので、出会い系で消極的になる意味があるのかという問題です。先に書いたように特定の人をあとからブロックしていけばいいだけの話なので、足あとは逆にドンドン残していくべきだと思います。その際、相手は足あとを見てその人のプロフィールを見にくるわけですから、まずは自分のプロフィール画面を充実させることが出会いの確率を上げるコツになります。書きすぎもまた引かれてしまうので適度な長さで、そして一番重要なのは写真だと思います。中高年の男だけでなく女性にもありがちなんですが、真正面からのばっちり高画質で自撮りをしてしまっている人をよく見かけるのですが、これはNGだと思います。老けというか老いというか、40代以降の人はある程度の距離感のある写真やうまく横顔をわかるようでわからない感じに撮ったり、アプリを駆使したり、それなりに努力をしないとまともに相手にされません。また別記事で写真の撮り方については詳しく述べたいですが、真正面のばちり全てが写りこんでしまっているようなものを上げる必要はないと思います。もしかするとマッチングアプリなどで、オッサンが成功できるかどうかは写真にかかっているといってもいいかもしれません。いわゆるお金目的の相手であれば容姿はどうでもよく、金をもっているかどうかですが、ヘタすると自分のお父さんぐらい年の離れている場合もあるわけで、そこでいかに若く清潔に見せるか、オッサンが上げるべきスキルはズバリ写真術かもしれません。
とりあずそこは次回までの宿題として、まずは足あとは気にせずバンバン残す。これにつきると思います。

↑まずはワクワクメールに登録から↑

出会いのヒント

ワクワクメールの中に「出会い体験談」というコーナーがあります。これは結構貴重な体験談が載っていたりするのでバカにできないところです。

日記のコメントからメッセージをもらいやりとりしてるうちにドライブにいくことに。
最初から意気投合してたくさん話し、次の日もまたドライブして少しイチャイチャしました。
そのあとも何度か会うようになり、たまたま近所ということもあり仲良くなりました(^^)〓
結婚も視野にお互いいれてまーす!

まさかこういった場で本気で恋愛になると思わずビックリしてますが、とても良い出会いに恵まれました。
それ以外にも食事だけやエッチした人もいましたがみなさんいい方でした。

今は、ありがとうございますの一言ですね!このまんま仲良くやっていきたいと思います。 出典:ワクワクメール

 

あたしがここを主に使っていたのは大学のころ。

知り合った人は…数しれず笑

けど、その中で1人社会的なことを知らなかったあたしに人生の先輩としていろんなことを教えてくれた人がいました。

彼とメールをしている間はほぼあたしが言いたいことを言ってそれを否定する訳でもなく、ずーっと聞いてくれる人。
その彼は…既婚者でした。
その事実を知った上で、会いました。

会ってからも変わらず、いろんな話を聞いてくれ、彼の仕事やニュースなどいろんなことを教えてくれました。

初めてあったその日…体の関係まではなかったけど、似たような行為まで行きました。
「既婚者。」とわかった上で付き合いました。
既婚の方と付き合うなんて…と思う方もいると思います

けど、あたしは彼と出会えたから、そこから全て考え方が変わりました。
もともと予定が合う時だけ会う関係だったからお互い今の生活を壊すつもりはなかったし、あたしも違う人を好きになったから別れました。

ほかにもいろんな人と知り合ったけど、その彼とデートしたり、お酒を飲んだり、今となってはいい思い出です。

Kさん、ほんとにありがとう。
大好きでした。

出典:ワクワクメール

読んでいて気付くのは日記からの出会いや、まずはメッセージでの濃いやりとりから発展しているケースが多いことです。心境や自分の内面をわかってくれることからはじまるという、当たり前といえばそれまでですが、体目当てになりがちなだけに初心にかえることは大事だと痛感します。根気よくプロフや日記を読んで、自分に合いそうな人をまず見つける、そこからは真剣な言葉でやりとりを続ける、結局寂しさをどうやって埋めるかを男女とも模索しているのだと思います。日記は意外に出会い系の突破口になってくれるヒントではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました